【出典:インベスターZ】

本田静六という人物を知っていますか?歴史の教科書で登場する機会のない人物ですが、江戸時代から昭和初期まで生きた人で、林学博士で公園の父とも呼ばれています。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

私は日本のウォーレン・バフェットと思っていますが、本多静六は本業の林学で扱われることが多い人です。

現在の埼玉県久喜市の生まれで実家は農家でした。静六は父の死で多額の借金を背負いました。幼少期にお金に苦労した人物で、早い時期に投資に興味を持ちました。

本多静六は幼少期に多額の借金を抱えながら、晩年には今の資産価値で100億円の資産を貯め、かつ国のために多額の寄付をした人物です。日本で生まれなければ資産家として英雄扱いされていたかもしれません。

本多静六が残した書籍に『私の財産告白』があります。現代の投資家も学ぶことが多い書籍です。古い書籍なので購入しなくても近くの図書館に置いてありますし、文庫版なら476円+税で購入できます。

FXの書籍では、投資苑やFXトレーディングが有名ですが、私の財産告白を読むことで投資スタイルが一歩進化するかもしれません。

当記事では私の財産告白のネタバレを含みますが、あらすじを知って書籍を読む事で理解の幅が広がることを願っています。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

また、インベスターZというマンガで本多静六が取り上げられた箇所があったので、引用しながら説明していきたいと思います。

今、FX界では海外FXを利用した一攫千金的な取引を目にします。レバレッジもフルにしている人も多く、勝ったときはウハウハでも、負けると全ての苦労が泡となってしまう人も多いと感じています。

株でもFXでも収入の柱を増やせる投資家が1人でも増えることを祈っています。最後までお付き合いいただけると何かつかめるものがあるかもしれません。

本多静六という人物

旧姓は折原静六、折原家の6子として埼玉県久喜市に1866年(慶応2年)に生まれます。本多家に婿養子に入ったことで本多静六になります。本多家は徳川家康の時代より忠臣として仕えてきました。(本多正信や本田忠勝などが有名)

本多静六の義理の父、本多敏三郎は幕臣で彰義隊の隊士として新政府軍と上野戦争を戦った人物です。NHKの大河ドラマ、青天を衝けでも登場した渋沢喜作が頭取となった組織です。

今でも上野公園には西郷さんの銅像の奥に彰義隊のお墓がありますので、気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

渋沢喜作は埼玉県深谷市の農民出身なので、折原家を知っていたのかもしれません。本書では同郷の渋沢栄一に会いに行くシーンも描かれています。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

少し話が反れましたが、農家出の静六が幕臣の娘と結婚したことは時代の節目に起こった出来事でした。

本多静六は一度は落第するも、卒業時は首席で東京同人学校を卒業、林業を本格的に学ぶためにドイツへ留学し、現在の東京農科大学で教授として働きながら投資を始めました。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

ドイツ留学時に財政経済学も学び、ミュンヘン大学でブレンタノ教授に『独立した生活を送るために資産を作りなさい』と教わったことで静六の資産形成が始まります。

ブレンタノ教授は当時40歳前後で、本人も資産をかなり保有しながら大学の教授をしていたので、本多静六は学問や資産形成の面においてもブレンタノ教授を尊敬していたことが伺えます。

そして、資産を形成しながらも本多静六は仕事を続けました。教職のかたわら、東京府(東京都)、内務省、農林省などの嘱託顧問、日比谷公園や明治神宮の設計、改良、渋沢栄一の顧問として、秩父セメント、武蔵水電などの事業にも携わりました。

本多静六のすごいところ

本多静六は享年85歳でしたが、私の財産告白が書籍化されたときは85歳でした。本人は体も調子が良く、頭もしっかりしていて、このままだったら120歳まで行けそうな気がすると冒頭に残していますので、生涯現役の投資家でした。

私の財産告白は、このように始まります。

お金の世の中なのに、お金や金儲けの話をするのは、恥ずかしい気もするし、自慢話になるようで気が引ける。

お金の話は社会通念上、あやふやにされてきた点でもある。

世の中には、お金に苦労する人が多いのに、お金のことについて真実を語る人が少ない。

平凡な(謙遜)私がどのようにお金を作り、財産を積み、元の無一文に戻ったかという話をしたい。

本多静六は不動産や一部の株を除き、晩年には資産の大半を寄付した人です。幼少時代に貧乏をしてきた経験から、自分の子供に資産を遺しても良さそうですが、お金を遺すことは子供のためにならないと考えました。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

めちゃくちゃ偉人!

そんな彼の投資哲学は現代でも使える点が多いので、株取引やFX、暗号資産、投資信託などでも行き詰まりを感じてる人は初心にかえるという意味でも、おすすめしたい1冊です。

普通の会社員が100億円の資産を持ったサクセスストーリー

 

【出典:インベスターZ】

この部分だけ見ると非常に簡単に成功してそうですが、実際は山あり谷ありだったことでしょう。値動きのブレは絶対にあったはずです。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

本書でも失敗した投資の話や、人にお金を貸すなとか本人が教訓を得た話がたくさん出てきます。

本多静六の投資は月収の1/4を毎月貯金して、その資産を投資に回す手法です。やっていることは極めて簡単で誰でもマネできそうですが、この地味さは現在の投資家にも通じている点ではないでしょうか?

貯蓄をするために月末の食事は白米とゴマだけだったとか、モノが欲しいときもじっと我慢してお金を貯め続けたとあります。

本多静六は何冊もの書籍を出版しています。本多静六は財界人や政治家にも有名で、日産自動車の創始者、鮎川義介さんが訪ねて来たこともあったようで、みんな口を揃えて『そんな、簡単な方法で資産を作れたの?』と驚いたようです。

また、本多静六の勤務する大学で寄付を募るシーンもあって、個人で大金を出したときに『本多は悪いことをしてお金を作っているに違いない!クビにした方がいい!』という話が出たようで、上司が自宅まで寄付金の出所を調査しにくる場面もあります。

私は学校からいただいている給金を元手に資金を貯め、株を買い、資産を積んだお金を寄付しているんです。全て帳簿につけているから全部見ていくといい

何も難しいことは1つもしていないから、あなたたちも私のマネをしたら資産を築けるだろう

と反対に説教し、上司が資産運用の方法を習いに本多静六の自宅まで足を運ぶようになったという話も面白かったです。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

今も昔も日本ではお金を持っていると、悪いことをして稼いだに違いないと考える文化が根強いんだなと感じました。

詳しいやり取りは本書をご覧ください。

誰でも実践できるのが本多流投資術

【出典:インベスターZ】

本多静六の生きた時代の株式投資は右肩上がりで上昇しているときだったので、現在この方法をそのまま利用しても同じように相場で勝てるとは限らないでしょう。

しかし、投資の本質はここにあります。貯蓄して資産を貯めてから運用。これは紛れもない事実です。

Twitterでは海外FX会社を使って、ハイレバで取引している人が多いですが、短期間で稼ぎきろうと考えずに、FXも資産を長期保有しながら、ゆっくりと資産を増やしくという考え方にシフトすれば、1回の取引で大打撃を受けずに済むのではないでしょうか。

本多静六の時代は右肩上がりだった背景もある

本多静六の生きた時代は、株式取引が始まって間もない頃で、今で言う『テンバガー株』(10倍以上値上がりする株)がゴロゴロしていました。現在は株式相場が成熟しているので、良い株を探すのは大変ですし、テンバガーを見つけるのは困難でしょう。

ただし、FXなら可能性は高いと感じています。レバレッジを効かせた取引が可能だからです。ただし海外FXでフルレバレッジで取引することはおすすめしません

Twitterでも一時的に勝っている人はいますが、彼らが5年以上相場にいた試しがありません。体感的に25倍以上のレバレッジは本当にハイリスク・ハイリターンでギャンブルと言えます。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

先日、オンラインのテクニカルセミナーに出たときに面白い資料があったので、この資料を参考に面白い話をしていきます。

日本株の超長期値動き

【出所:マネースクエア

セミナーはエリオット波動の話でした。そのときの資料で日本株の値動きをチャート化したものがあったので引用しました。

黒い矢印は私が書き足しましたが、1866年、本多静六が生まれた頃です。この頃の日本株は価格も安かったので上下に価格は動いているものの、長期間保有していれば誰でもお金持ちになれました

今はどうでしょう?株自体の価格も上がったので1株買うにも資産が必要ですし、成熟しているマーケットでは株価が2倍、3倍になることは考えにくいので、安定した株を買うか、成長が見込める会社の株を買うことがセオリーになっています。

どういうことかと言うと、本多静六の時代とは違うので100万円を100億円にすることは非常に難しいということです。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

本多静六の場合は株だけでなく、土地の売買も絡めているので、単純に比較することは難しいですけど。

もしタイムマシンがあったら1890年頃の価格で株を買いたいですよね。ただの妄想ですけど。

FXなら同じように取引できると信じてる!

無勉強でいきなり投資を始めることはおすすめしませんが、私は投資で稼ぐにはFXが一番可能性が高いと信じています。

FXの良いところは銘柄を1つずつチェックする必要がないことと、レバレッジを使って取引することが可能なので、ある程度FX経験のある人なら資産を2倍にすることはさほど難しいことではありません。

ただし、FXは投機に分類されるので、どうしてもギャンブル的な取引になってしまうことが多く、負けていく人の多くがここでつまずきます。

この点に注意しながら、本多式1/4貯蓄の方式で、時間をかけてゆっくり資産を形成していく方法を使っていくと大きく負けることもなくなりますし、負けトレードの場合でも次のチャンスを掴めるはずです。

何度も説明していますが、FX初心者は自動売買から始めてみることをおすすめします。

慣れてきてコツがつかめてきたら裁量トレードに少しずつ移行していくと不思議と勝てる確率が上がっていきます。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

私は2年で100万円をFXで480万円まで増やしています。(2022年1月時点)

負けることもありますが、焦らずコツコツ続けていくことで、ゆっくり資産は増えていきますので、労働以外の収入の柱を増やすために一緒にがんばってみましょう。

たまにTwitterで収支を書いたり、ブログの記事にアップすることもあります。(気が向いたら)

FXトレーダーが退場せず、自分の夢を叶えるためのトレードができることを祈っています。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

興味があったら、下記の表からFX会社の公式HPに行けますのでご覧ください。自動売買をするなら外為オンライン、裁量取引なら外為どっとコム、みんなのFXなどがおすすめです。

FX会社最少取引単位米ドル円スプレッド米ドル円スワップ豪ドル円スワップFXセミナーの有無
外為どっとコム1000通貨原則0.2銭固定
30円
5円
オンライン&会場
FXTF1000通貨原則0.1銭固定
-円
-円
なし
みんなのFX1000通貨原則0.2銭固定

30円
5円
オンライン
GMOクリック証券10,000通貨原則0.2銭固定
30円
6円
なし
アイネット証券1000通貨0.7~1.0銭
25円
15円
会場
FXプライム1000通貨0.3銭※50万通貨以下

24円
3円
会場
FXブロードネット1000通貨原則0.2銭固定


20円
4円
会場
外為オンライン1000通貨1.0銭
20円
0円
会場
トライオートFX1000通貨変動制
35円
5円
なし
マネースクエア1000通貨変動制
16円
15円
会場
社名をクリックで詳細ぺ―ジへ変動制はスプレッドが広い。
2022年5月13日確認