トランプ大統領

トランプ大統領1期満了に伴いアメリカでは大統領が11/3に決まります。大統領選で大きく為替が動くのではないかと予想しているトレーダーは多いのではないでしょうか?

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

実は私もその一人ですが、反対にここまで注目されていると動かないかもしれません。『かも』ですが。

というのも、2016年の大統領選は大荒れ相場でしたが、2012年と2008年の大統領選は大きく動いたという記憶がないんです。

大統領選で為替が動いたのではなく、大抵は『ヒラリーさんが勝利するだろう』と予想していましたが、まさかの大逆転でトランプさんが大統領に選任されたことで驚きと、とまどいで株価は売られ、米ドルは売られたものの『経営者としての手腕があるからアメリカ経済は持ち直すのではないか?』と冷静に分析された結果1日に5円以上の乱高下したのです。ポンド円が悲惨でした。

ただし、前回大きく動いたことを経験則として、私たちトレーダーはできれば事前予想はせずにスクエアな状態でいたいものです。

今回の大統領選について少し考えてみたいと思います。

2012年と2008年の大統領選を振り返る

アメリカ大統領選挙【出所:クローズアップ現代

記憶にある方も多いかもしれません。2012年はバラク・オバマ氏2期目の選挙で見事当選を果たしました。

2008年はオバマ大統領とマケイン候補の戦い。オバマ大統領が勝ったんですが大統領選で為替相場が大きく動いたという記憶はありません。動いたとしても通常どおりの値動きだったと記憶しています。

それよりも翌年1月に行われる大統領演説がものものしい警備の中で行われ、はじめての黒人大統領の誕生で、反対派からの暗殺があるのではないか?という焦燥感から防弾ガラスが張られた中、大統領演説が行われました。日本ではこちらの方が大きく報道されました。

大統領選より所信表明演説でドルが売られたという記憶が残っています。FXニュースでは『無事に大統領になったことで材料切れからドル売りが起こった』と書いてありましたが、真相はわかりません。このときも損失を出したのでよく覚えています。笑

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

私は新しいアメリカの大統領に期待が集まってドル買いが起こると思っていたんですが・・・。これだから予想は嫌いです。

さて、アメリカ大統領は暗黙の了解で2期務めることが多いです。

例外的に数名の大統領が1期で退任していることもありますが、今回の注目ポイントはトランプ大統領は2期目を務めることができるのか?大統領の座を民主党に持っていかれるのかが焦点です。

それにしても、今回の大統領選は年寄り選挙ですね。70代の戦いです。

市場の予想はバイデン氏有利か?

バイデン氏有利と報じられているものの実際はわからない

大方の予想は民主党のバイデン氏が有利となっていますが、実際はわかりません。トランプ大統領はメディアと何度も衝突していますし、非常に仲が悪くて有名です。

新聞などのフェイクニュースは読む価値がない』とも言い切っていて、メディア側も民主党寄りになっている可能性も考えられるからです。

世論操作という点ではメディアの方が強いですが、トランプ大統領が再選を果たしたらドルは大きく買われる可能性が考えられます。

また、バイデン氏が当選した場合は、経済には強くなさそうなので、ドルが売られるのではないでしょうか?(個人的な予想ですが)

次の大統領がどちらになるのか予想するのも構いませんが、前回のような大荒れ相場を想定すると事前にポジションを持っておくのはリスクが高いと川瀬は思います

2016年に書いた記事がありました。当時の生々しい体験談や、今やFX界のときの人になったJINさんの動画があったり、大損した人がいたりと面白い内容なので、併せてご覧ください。

チャート2016年大統領選時はこんな動きをしました

4年前のことなのに鮮明に覚えています。日本時間の午前中から速報の嵐で、スプレッドは常に50pips以上離れていました。どこの会社もスプレッドを維持できないほどの大荒れ相場でした。

米ドル円は当時105円前後でしたが、一時100円近くまで下落して、そのまま元の価格まで戻り、3日後には107円近くまで上昇。当時、Twitterでは両津さんという方の予想が的中していて話題になりました。(ただし、本人も予想はしていたものの取れなかったみたいです)

大胆予想は・・・トレーダーはしない方がいいです

ファンダメンタルズや、どんな理由で相場が動くという予想はアナリストに任せておいて、私たちトレーダーは動いた方向についていくのが良いと思っています。

前回の教訓から考えれば、サプライズで動いた方向にポジションを取っても十分値幅は取れると思います。スプレッドが50pipsあっても取れることでしょう。(スプレッド原則固定でも、サプライズの場合は今も昔もスプレッドは開く)

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

一番怖いのは既存ポジションが逆に動いてしまうこと。

やばいくらい含み損になる可能性もあるので11/3はスクエアで臨みたいものです。

郵便投票の件が微妙なので報道の内容を確認した方がいいかも

アメリカは日本と郵便事情が違い、国民から郵便事業は信頼されていないようです。トランプ大統領は、郵便投票が自分に不利になると考え(本当かどうかは不明)郵便投票を無くすように訴えていますが、最終的にどうなったのかよくわかりません。

前回の大統領選と違い、数日後に大統領が決まる可能性を考えておいても良いかもしれません。後日結果がひっくり返ったら相場は大荒れだと思います。このように実際は結果が出てからでないとどうなるかわかりません。

流れについていって、しっかり稼いでいきましょう。私も今月は成績が悪いので、大統領選で相場が動くようなら損失を取り返そうと虎視眈々とチャンスを狙っています。

来月もがんばっていきましょう!

まだFX口座をお持ちでない方は下記の一覧表から無料で口座開設が可能ですよ。

トレーダー川瀬トレーダー川瀬

11/3は私も朝からチャートとにらめっこをする予定です。

FX会社/スプレッド米ドル円ユーロ円ポンド円ユーロドル最少取引単位
FXTF原則0.1銭固定
原則0.4銭固定
原則0.7銭固定
原則0.2pips固定1,000通貨
外為どっとコム原則0.2銭固定原則0.5銭固定原則1.0銭固定1,000通貨
みんなのFX原則0.2銭固定
原則0.4銭固定
原則0.8銭固定
原則0.3pips固定
1,000通貨
FXブロードネット原則0.2銭固定
原則0.5銭固定

原則1.0銭固定
原則0.3pips
1,000通貨
GMOクリック証券原則0.2銭固定
原則0.5銭固定
原則1.0銭固定
原則0.4pips固定
10,000通貨
FXプライム0.3銭※50万通貨以下
0.6銭※例外あり
1.1銭※例外あり
0.6P~最大12.0P
1,000通貨
アイネット証券0.7~1.0銭1.4~2.0銭2.0銭~5.0銭0.7pips1,000通貨
外為オンライン原則1.0銭固定
原則2.0銭固定
原則3.0銭固定
1.0pips
1,000通貨
シストレ24変動制変動制変動制変動制1,000通貨
マネースクエア変動制変動制変動制変動制1,000通貨
社名をクリックで詳細ぺ―ジへ
2020年9月1日確認